精神病の診断なら心療内科へ【精神科を併用している場合も】

聴診器

種類問わずに治療に専念

診断の結果、精神病であっても、1人1人で治療内容は異なります。それは、一括りにできない心が病に侵されているためで、回復するまでの時期も異なっています。そのため、精神科などを賢く活用することで、効果的に治療を進めることができます。

詳しく見る

男性

専門医による疾患の見立て

精神病は、背景まで考慮しながら診断することが、精神科・心療内科ではポイントになっています。治療法も、外科的手術などが難しく、話しを聴くこと、薬物療法などが用いられたり、福祉的制度を活用したりしながら進められています。

詳しく見る

診察

心の病に関する基本とは

体調不良による様子のおかしさでなければ精神病の可能性があり、その診断を下せるのは医者しかいません。医者からの診断書は障碍者手帳の申請に必要な書類であるため、経済的な支援が欲しい場合は行くべきだと言えます。

詳しく見る

医療

精神の病気は専門家で診察

メンタル系の病院やクリニックに訪れることで、自身の症状に当てはまる精神病を性格に診断してくれます。もしも、精神病と診断されたのならば、ドクターの指示に従って、やめるようにいわれたことがあるのなら、きちんとやめましょう。

詳しく見る

現在に見られるよくある姿

ハート

経験不足が心の病を生む

従来の精神病は、社会背景から生まれる心の病において、それほど多くはありませんでした。現在は、社会背景から生まれる精神病が増える中、社会不安障害などの診断が新たに増えつつあるのです。そのため、精神病を患いやすい人の特徴は、潜在的に、誰しもが持ち合わせています。従来の子供達は、年齢隔たり無く上下関係混じりながら一緒に遊んでいた背景がありました。その中には、大人と一緒に遊んでいた場合もあったのです。近年は、ビデオゲームの普及の中、年上の人から遊びを教わらなくても、同年代同士で気軽に遊べる場合もあるでしょう。時代背景からは、縦の繋がりの強い社会から、横の繋がりの強い社会へ移り変わっているのです。横の繋がりの強い人達は、縦の繋がりが強い社会において、初めて経験しなければならない内容に出向かなければなりません。未知の存在は、自身に危険があると判断しやすく、神経症を患う中で心の病の診断を受けやすくなるのです。良くも悪くも様々な経験不足は、潜在的に精神病になりやすい可能性があります。精神病を患って訪れる医療機関は、基本的に心療内科と精神科、神経内科の3つが挙げられます。病院の中には、不安を与えない様に看板として、心のクリニックや、メンタルクリニックなどの名称を掲げている場合もあるのです。精神病だと疑いを感じた場合は、どの病院に訪れたら良いかは、一概には言い切れません。なぜならば、心が体を患わす場合もあれば、体が心を患わす場合もあり、症状も千差万別だからです。ただし、どの医療機関に訪れても、適切な診断をされる中で、最適な医療機関へ運ばれる様にアドバイスをしてくれます。心療内科は、内科としての薬物による心の安定を心がける医療機関です。社会に適応で様に、精神療法などによって心の回復も試みます。ストレスなどから生じる軽度の精神病であれば、心療内科でも良いでしょう。精神科は、幻覚や不眠、抑うつなど社会に全く適応できない診断に訪れるのが無難です。医療機関によっては、心療内科と精神科を併用している場合もあります。神経内科は、脳の機械的な損失など、主に脳神経に対して扱う医療機関です。言葉がうまく話せない症状や、手先がしびれる場合などは、神経内科に足を運ばなければなりません。