精神病の診断なら心療内科へ【精神科を併用している場合も】

心療内科のこと

カウンセリング

治療方法や費用の相場は

精神病と言うとうつ病というイメージが強いのですが、もっと詳しく見てみると統合失調症やパニック障害等の診断もあります。全ての精神病が精神科や心療内科領域となります。一度も心療内科にかかった事がないと敷居も高く感じますし、診察代はいくらくらいかかるのか等不安に感じることもあるでしょう。診察代に関しては内科や眼科など他科と同じくらいだと想定して良いです。医療費とはどのような場合も初診の場合少し高くかかります。初診料と再診料で診療報酬が異なるためです。心療内科の場合は基本的な一連の流れは、問診から診察、病名を診断されて薬の処方となります。この1回あたりにかかる医療費の相場が初診で約3千円?6千円ほどです。再診の場合は千円?3千円程度です。患者個々の病状によっては採血やMRIなど詳しい検査を要する場合もあり、処方される薬の内容や量によっては1回あたり8千円?1万円程度必要な事もあります。因みにこの金額は医療費が3割負担の場合です。精神病の場合は自立支援制度と言って医療費の窓口負担を減らす制度もありますので必要に応じて申請しましょう。精神病とは一体どのような治療がなされるのかと、経験がないと未知の世界ですが不安になったり怖がったりする必要はありません。痛みを伴うような検査や処置も基本的にはありませんので、リラックスして通えるのが心療内科の良いところです。クリニックによっても異なりますが、専門の精神科医の他、精神病に長けた臨床心理士などが常駐する病院もあります。例えばうつと診断された場合、心療内科での治療は精神療法が行われます。抑鬱状態にある人は気持ちが落ち込み、否定的な考えをします。精神療法とは、このような考えを肯定的なものへと変化させるよう働きかける事です。うつ病と直接結びつくような原因、例えば会社での人間関係や過剰労働等を見返して、うつの克服と共に社会復帰への支援を行います。しかし、精神療法だけでは足りません。うつの仕組みとして脳内の伝達物質の不足という物理的な要因もありますから、足りないものを補う為に投薬も必要です。精神病を診断されると処方されるのは抗うつ剤です。精神療法と薬物療法の併用で治療を行います。